サイレントマジョリティー団結

サイレントマジョリティー団結

万国のサイレントマジョリティーの諸君!団結せよ!

万国のサイレントマジョリティーの諸君!団結せよ!

各種SNSのフォローをお願い致します。

【にこるん】NiCORON WEAR投稿キャンペーンに当選!選ばれしファッションリーダーへ。【革命】

f:id:frankgm:20180522011415j:plain

 

ば、ば、万国のサイレント、マジョ、マジョ、マジョリティーの諸君、団結してるかな?

ご、ご、ご、ご無沙汰しております、KGMです。

最近執筆活動がおろそかになっていたことをこの場を借りて謝罪しておきますが

小生がブログ更新を怠っている間も小生は生き続けていた訳で

伝説の生き証人だったわけで・・・・。

 

そんな事はさておき、復活後最初に記し上げる文章は

あるキャンペーンの「選ばれし2人」に選ばれてしまったという武勇伝についてである。

 NiCORON「WEAR投稿キャンペーン」という存在。

藤田ニコルさんを尊敬するあまり、その伝説が更新される度に

しゃしゃり出るスタイルをとっている小生であるが

今回ばかりは躊躇した。

 

 

っていうか、「WEAR」みんな知ってると思うけど

もちろん、ファッションのセンスも自信も無いまさに

「金欠ファッション芋ッコロ大學生」である小生は

いうまでもなく「WEAR」というアプリとは無関係の人間であった。

それまでは。

しかし、これは使命だった。参加しざるを得ない。

正直「WEAR」と聴いて虫酸すら走り、湿疹が浮かび上がる。

小生のような人間が行うSNSではないことは熟知していた。

しかし、それが敬愛するカリスマの開いたイベントなら

やるしかねえの一言であったので、

やってみることにした。

f:id:frankgm:20180522012412p:plain

とりあえず、nicousa五匹狙いでやってみようかなって思った。

カッコ良く見せる為に「せめて」場所だけでも...

同志諸君も熟知しているとは思うが、WEARは自らのファッションを投稿するSNSである。が、故に、instagramと近いフォトジェニティシズムなこだわりが重要と言えると考察した小生は「ある場所」へ向かった。

 

それはまさにファッションのカリスマ達が集いし街

SHIBUYA(らへん)

そこはまさに、勝利を導く完全なる行動パターンを導く場所。

フォトスポット壱:バブルス原宿

この場所はまさにJKフォトスポット。

ほんとにこの場所で撮影して良いのかな?と戸惑いつつ

もう今更周りの目なんて気にしない小生はパシャリ。

f:id:frankgm:20180522012935j:plain

近くに居たJK達に暗黒微笑されてしまい

傷ついたが、まぁ勝利のためだ。

フォトスポット弐:裏原ストリート

裏原、そこはまさに古着、ファッションの発信地。

小生はイケてるファッションマンを横目にクソが出る程のナルシズムポージングで

写真を撮ってみた。

f:id:frankgm:20180522013148j:plain

その呂律の回らない滑舌で韻を踏む遊びをしたくなる感覚に陥ったが

正直周りの外国人の目が気になった。

もしかしたら英語で罵倒されていたかもしれない。

しかしここは日本、小生の耳に理解できる言葉でなければ小生は傷つかねえよ。

フォトスポット参:SHIBUYAのトンネル

歩いて渋谷に向かっていたら見つけたトンネル。

最近流行のエモい(キモい)写真を撮ろうとしたら

「ここもフォトスポットじゃね?w」みたいなノリで撮った。

f:id:frankgm:20180522013425j:plain

カリスマにしかみえない。

NiCORONのロゴがSu○remeにすら見えてしまう。

WEARに初投稿

そんなこんなで三枚目のトンネル写真を選び投稿。

適当にやってみてね。

f:id:frankgm:20180522013613p:plain

この条件を充たして投稿♪

連絡は忘れたときに。

いつも通り何気なくWEARを開いてしまった自分がいた。

そこにメッセージが...

f:id:frankgm:20180522014040p:plain

 

このメール来た瞬間

「ええええええええwwwwww」

ってなった。

どう考えてもNiCORONは女性のブランドなのにこんなオジサンが貰って良いのかな?ってなったけど、名誉すぎる。

あざす、頂きます。w

 

そして数日後送られてきた。

f:id:frankgm:20180522014159j:plain

トートバックだったが、うれしかったです。

ピンクはもっているのですが黒はなかったので^^

NiCORON(勝手に)広告塔としての生き証人になる。

また1つ承認欲求が充たされた瞬間だった。

(おそらく)2名しか選ばれない賞を受賞してしまったからだ。

小生の運の配分は、人を笑わせる為にできているのか?w

と疑問を抱く程だった。

しかし、ここで新たに誓おうじゃないか。

男でもNiCORONは上手く着こなす事が出来る。

それを体現するのが小生の仕事なのであると再確認。

 

そして小生はこれからもNiCORONの(勝手に)広告塔として(勝手に)精進するところ、するところなのである者、なのである。

 

渋いだろうけど、一応言っておこう。

ViViNightに呼んでくれ。

そこで歩かせてくれ。学生生活の思い出にワンチャンありますか?w

以上。

wear.jp

↑とりあえずみんなフォローしといて^^

 

 

f:id:frankgm:20180211223407p:plain f:id:frankgm:20180211223406p:plain f:id:frankgm:20180207055254j:plain