サイレントマジョリティー団結

サイレントマジョリティー団結

自分語りをするための自己満足ブログ

Supreme、15時間並んでみた。

f:id:frankgm:20170524002240j:plain

 

万国のサイレントマジョリティー及びFランク闘争者の諸君、団結してるかな〜?

 

さて、日頃のファッションには心がけている方である小生だが

自分で言うのもなんだけど結構オシャレな方だと思う。

 

今回はそんな小生がオシャレ大學生御用達ブランド「Supreme」に

並んでお目当ての商品を爆買いするという単純明快シンプルな企画だっ!!!

 

 

前置きはさておき、早速徒然なるままに語っていこうと思う。 

 

小生を田舎者と罵る奴らへの宣戦布告。

小生(私立Fランク大學三年生)は日頃から東京にでているというだけあり

シティボーイかつオシャレメンズを自負していた。

そんな小生を皆、「田舎者」「ダサい」などと一蹴する。

 

小生はそんな奴らを見返したかった。

 

そんな中生まれた一抹の思い...それは...

 

「貴様らの大好きなSupremeを着用すれば貴様らも小生をシティーボーイかつオシャレメンズを認めざるを得なくなるよな。だったら並んでやる。掴め、この世の総ての高額商品を購入する者だ」

 

こんな小さな一抹のプライドが小生を原宿へ駆り立てた...

 

19日午後5時、一本の電話。

この日の4時、小生と学び舎を共にする大學の同志が

小生に一本の電話を入れた。

 

「Supreme買いにいかないか?」

そんな単純明快な御言葉を頂戴した小生。

帰郷中、もう田舎に下野していたのだが

 

速攻で上京する事を決意した。

これが漢の決意。

小生の耳元には原宿に向かっているのにも関わらず

「六本木心中」が流れていた。

 

このとき15時間に及ぶ耐久レースが始まる等とは

まだ誰も知らなかった。

 

午後6時、先の見えない闘争の幕開け。

午後6時、原宿に到着。

くじ引きを行い前から30番台を入手。

友達の話によるとこれはかなりの引き運らしい。

 

そして友達に販売が開始される時間が布告された。

20日の10時。

これは即ち15時間以上の闘争の確定であった。

(このとき7時くらいだった。)

 

それと同時に悲しき事実が発覚。

地べたに座る事等は禁じられていた。

折りたたみ式の椅子を持っていなかった小生は地べたに座る事が確定してしまったのである。

 

椅子をGet、根性無しの小生、帰宅したいと叫びをあげる。

知らない人が買ってきてくれて椅子をなんとか入手することに成功した。

しかし

まだ十数時間ある待ち時間。

 

時計を見るたびに悲しくなる。

友達にその度に帰りたい趣旨を伝える。

しかし友達は止めてくれた。

 

しかし本気で帰りたいと愚図り続ける小生。

ガキ極まりない。

 

これがのちのちオシャレメンズになる事の契りになる事は

まだ自分自身自覚がなかった。

 

 

まぁこっからは飛ばすわ、それで15時間後www

 

20日、午前10時前、カード払いで購入。

やっとこの時が来た。

顔はもうすでにベトベトしていて

不潔きわまりない見た目の小生は

やっと店内へ。

 

f:id:frankgm:20170524005550j:plain

お目当てのものを購入した。

もちろんカードで。高額すぎた。

 

早く着用したいです。

オシャレは靴からです^^

 

拝啓 Supremeを並ぶ人たちへ〜絶望パラダイス〜。

これからSupremeに並んでみたいと思う皆様に

前提として、Supremeは高額商品であるという事実が語るように

入手するのは非常に困難。

 

一筋縄では手に入らない。

本当に手に入れたい人間のみが入手する事の出来る

ブランドなのだ。

 

安易な思い出並ぼうと思うな。

「先の見えない闘いに勝つ」そんな思いを持った人間のみが

その、航海への切符を手に入れる事が出来るのだ。

 

今回このブログを執筆することによって

自らがシティーボーイかつオシャレメンズである事実を発覚させる事に成功した。

もう誰も小生を田舎者などとは言えないだろう。

 

 

そんな感じ。じゃあな。