サイレントマジョリティー団結

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サイレントマジョリティー団結

自分語りをするための自己満足ブログ

拝啓 大学受験失敗した人たちへ。

もうそろ受験シーズンも終わるね,,,申し遅れました、

小生は、Fランク闘争者、そして、サイレントマジョリティーの代弁者

まさしく、KGMである。

 

皆の衆、とりわけ、受験に敗北した者達よ。

社会はあなた方らには冷たい。

 

褒められるのは勝者だけ。理不尽。

しかし、自分を攻めるな。

 

今回はこの小生が「F」な「同志達」に「孤独」に「激励」します。

受験に受かった人間は絶対に見るなよ。見ていいのは敗者だけだ。

何故受験したかを考えるたびに胸が苦しくなる。

f:id:frankgm:20170218020344j:plain

「貴方は何故受験をしたか?」

そう聞かれたらすぐさまこう答えるだろう。

「就職のため」

 

これはまさしく正論である。

この「競争社会」に於いてやはり「学歴」というものは

人の能力を量るのに最も便利な道具。。。否定はしない。

 

しかし、敗北者には冷たいのも事実。

さて、今から自己肯定かとさえ、捉えられてしまう事を申し上げようじゃないか。

 

「受験勉強とは限界を限界じゃないと知る為にある」

 

これを入力している今、現在、この瞬間、小生は自らを天才と錯覚した。

 

どういう意味かというと、大体の受験生は非常に大きな努力をし、「受験」という人生の大きな勝負に飛び込む。そして失敗する。まさに「限界」への挑戦。

 

しかしな?敗北者は皆勝てなかったのだ。

つまりは、まだ限界に達していなかったのだろう、それは人によって違う、「勉強時間」か「集中力」か、いろいろあるだろう。

 

一つわかったこと、それは受験勉強で感じた限界とは己の限界では無かったという事。

まだノビシロがあるってことだ。早くこの事実に気づいて元気出せ。

 

美談を並べても必ずやってくる「学歴コンプ」

f:id:frankgm:20170218020325j:plain

周りからなんだかんだ優しい言葉をかけられたって

一般受験で頑張って負けた人間に降り掛かる「最初の試練」は

 

「学歴コンプレックス」だろう。

 

そしてこの試練は「最後の試練」でもある。

つまりは、「最初で最後の試練」なのだよ。

学歴コンプレックスから解放されればもう人生を悲観する必要はなくなる。

小生だって完全に抜けた訳ではない。

直し方も分からない。

しかし1つ言えるとしたら受験敗北者は今、「人生終わった」とか

思っているだろうけど、学歴以外で勝負できるものをこの学生の内に見つければいいってことなんだよ、頑張れ。落ち込むな!!「人生は始まったばかりだ」

 

激励、受験落ちた人へ。

我々敗北者は圧倒的多数派と言える、勝者、すなわち高学歴大学生にとって俺らはクズだ。

しかしな、周りを見渡してみろ、高学歴な奴ほどクソダサい「パリピ」に憧れてんだよ。

頭良い奴はバカに憧れる。

滑稽な世の中と言えるだろう。

だから逆にパリピとかに憧れんなよ。やめとけ。

バカほどまともで居るべき。

 

今回落ちた人たち、

たぶん、SNSとかで「受かりました」とかツイートしている友達沢山居るだろう。

非常にむかつくだろう、しかしな、それは風物詩。

まさに「メリークリスマス」と同じなんだよ。

そんなことを気にしちゃ駄目だ。

自分をネタに出来るくらい大きな器を持とう。

(当時は小生も発狂してたからなんとも言えないが,,,)

 

なんかいろいろ懐古してたらイラついてきてまともな文章が書けねえw

 

とりあえず、受験生はお疲れさまでした。

落ちた人は今が一番つらいとおもうが、卒業式まで耐えてくれ。

そして新生活で新しい生き甲斐を見つけてくれ。

「受験に負けても人生に負けんな?」

 

by大學でも友達いないand学歴社会に潰されそうなKGMより。