サイレントマジョリティー団結

サイレントマジョリティー団結

自分語りをするための自己満足ブログ

【聖地巡礼】乃木坂46及び欅坂46の聖地を見てきた【六本木心中】

春休み中であろう、大學生諸君及びその他サイレントマジョリティー同志諸君、いかがおすごしであろうか。

先日再び藤田ニコル同志からのリプ返が来たことで人生の技術的特異点を迎えた

Fランクの見方、KGMで御座います。

 

ところで、小生、昨日、サイレントマジョリティーの代弁者として、初めて、

乃木坂and欅坂の聖地に参ったので、その話をしようと思うところで御座います。

 

団結して、熟読せよ。

 

 

何故、参ろうと思ったか

小生生粋のインドア漢、バイトもしておらず、金欠の漢が何故(なにゆえ)

聖地巡礼」を行ったかと言いますと

小生は勝手に「サイレントマジョリティー」という言葉を使用し、代弁者として名を轟かせようとする野心の下活動している、その懺悔及び許可を得る気持ちで

「坂道」達に感謝の意を直接伝えるべきだと思ったからだ。

今回もお供アイルー(ニコルのイベント等についてきてくれる熱烈な同士)を連れて行った。

 

最初に降り立ったのは乃木坂

最初に小生一行が降り立ったのは乃木坂。

f:id:frankgm:20170204222930j:plain

名前の通り、あのキューティーなグループの聖地と言えよう。

地下から上がろうと日が差し込んでいる方、即ち、東の風が吹く方を駆け上がると

そこには「地上の楽園」が待っていたのだ。

最初に見えたのは乃木神社

f:id:frankgm:20170204222620j:plain

乃木神社とは...

明治天皇崩御の際に殉死したと言われる、愛国者乃木希典陸軍大将が祀られている神社。

「乃木坂」とは乃木希典という愛国者が由来となっていると初めて知った。

その歴史にまつわる神社だと初めて知って、歴史と関わりの深い場所だと初めて知った。

 

六本木という名の華やかな街の近くにこんなに深い場所が有るとはな。新たなる発見である。

 

ただ、「乃木坂」という「坂」を探していたため、見知らぬ警備員に

「乃木坂ってどこですか?」って聞いたら失笑されてしまったことだけ痛恨の極み。

田舎者を出してしまったよ。

 

次に欅坂に向かう

やはり、乃木坂まで行ったからにはその妹分である「欅坂」に行かなきゃ帰れない。

そうなったからにはやはり欅坂へ向かう事を決意した。

欅坂は六本木方面に歩けばあると地図を見て把握したため

運動不足の小生だが、歩いて向かう事を決意した。

 

六本木ヒルズ付近にあると熟知していたがなかなか見つける事は出来なかったが

実は欅坂付近を行ったり来たりしていたみたいだ。

やっと見つけた欅坂。

f:id:frankgm:20170204223515j:plain

バスストップでパシャリ。

思わずサイレントマジョリティーを歌ってしまったよ。

聖地巡礼完了。

 

しかし、ここは六本木。

周りの目は冷たすぎる。

強いて言い換えれば「この街は広すぎる。BIG CITY IS A LONELY PLACE」

すぎた。そこら辺はアンルイスの六本木心中の歌詞を参照。

www.youtube.com

 

まとめ

今回、聖地巡礼を目的に東京に出た訳だが

やはりそこら辺に虫酸が走るほど居るパリピは

「六本木LOVE」みてえなこと言ってる暇があるなら

ぜひとも六本木周辺の歴史に触れてみてほしい。

 

六本木周辺の意外な部分を見る事が出来る。

クラブだけが六本木じゃない!!!

 

お願いだ、団結せよ。

サイレントマジョリティー及びFランク闘争者よ、団結せよ!

 

万国の支持者へ。闘争協力のお願い。

皆の衆、吾輩の闘争はブログだけではない!

是非、Twitter(@kgm_dolly)をフォローし吾輩の活動を熟知せよ!

twitter.com