サイレントマジョリティー団結

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サイレントマジョリティー団結

自分語りをするための自己満足ブログ

センター入試の思い出

睦月もあっという間に中旬を迎え今日はセンター入試。

現在「学歴階級に於けるFランク革命家」をしている小生にも

受験生時代があった・・・。

小生がFランク革命家になるドラマの序章・・・それはまさにセンター入試。

 

そのことについて今日は語っておこう。

 

 

遡るは2015年の睦月。

今から早いもんで2年ですか。。。

2年前の小生はまぁバカ高にかよっていて

「ワンチャン受験革命成功で崇拝されたい」

そんな小さな欲望を満たす為に受験を決意し、予備校にかよっていた。

 

受験前日、髪の毛も刈り上げ

まぁ三代目JSB的なSTYLEで望もうとしていた。

f:id:frankgm:20170114044909j:plain

J.S.B.DREAMをつかみたかったからな。

 

今回はまずそのセンター試験における武勇伝を紹介しよう。

 

センター会場へ遅刻

これに関しては悪気は無かった。

本当に、ナチュラルに電車の遅延かなんかダッタと思う。

地元が近い友達とタクシーをチャーターし

さすがの小生も緊張で腹痛に襲われ、今すぐ脱糞しとうもうしあげだった為急いだ。

でも単純明快シンプルに試験会場には間に合ったからよかったよ。マジ。

 

えんぴつを忘れた

鉛筆を忘れてしまった普通にナチュラルに。

だから友達に借りた。

 

貧乏揺すり受験生がウザすぎる

マジ試験中驚くほど貧乏揺すりする受験生が居た。

若干オラついていた小生はさすがにイラつきすぎて休み時間に

試験監督(?)にチクった。でも独りで言うの怖すぎて友達と言いにいった。

彼は今頃どうしているかな。あのときは「マジ落ちろ」って願ったけど。

実際受かっててほしいよ。

 

昼休みは赤本

センター試験なんて闘争に於ける序章の「じょ」の字でしかない。

小生は赤本を開いた(解くとは言ってない)

f:id:frankgm:20170114043033j:plain

・・・・予備校から借りたやつ・・・・

まぁ実際小生は高三にしてまだガチ厨二病だった為

完全に周りから頭良いって思われるため開いてた。だから落ちるんだよな。

 

なんやかんやで試験終わり自己採点

なんやかんやでクソ長い試験を終わり、帰宅した。

即刻予備校の自己採点機能で採点した。

おめでとう小生、日本史、国語、自己最高。

でもやっぱし苦手分野の英語はクソ喰らえでスタートから

負けてました・・・・。

 

ぶっちゃけ英語最低点だったわ今だから言えるけど、マジつらたん。

 

いままでやってきたことが否定された気分に陥り

嘔吐しました。本当に。

 

万国の受験生へKGM様からの御言葉

そうだね。受験生諸君よ。大変だと思う。気持ちは察する。

受験ってさ...1回の試験で今までの勉強が評価されんだもんな。

そんなのおかしいよな。

仮に今日、君がセンターで失敗したとする。

でも勘違いしないでくれ、

君が頑張ってきたという真実は

揺るぎないものなんだから。

今日を明日に引きずらないことが受験へ勝利する方法なんだと思う。

それは失敗に限らず成功もね。

最後の一日が終わるまで君は受験生なんだ。

だから絶対最後までやりとげろ。

勝利の女神はお前を見ているよ。握れっ!!!!!

 

最後に小生が通っていた東進の英語講師

安河内哲也先生の言葉を送るよ。

If you think you can. you can.

If you think you can't. you can't.

Practice makes perfect.

 

マジがんば。

 

by Fランク大學生