サイレントマジョリティー団結

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サイレントマジョリティー団結

自分語りをするための自己満足ブログ

クリスマスの渋谷を舞踊るマック赤坂という漢。

同志の諸君、ごきげんよう。

さて、今年もクリスマス・忘年会シーズンが過ぎ

とうとう到来した年の瀬。

 

いかがお過ごしかな?

さて今回は、去る、クリスマスイブ(聖夜)

イエス・キリストの聖誕祭である、この日

小生はある政党の党首と握手を交わした。

そのときの話をしようじゃないか....

f:id:frankgm:20161229052541j:plain

 

 

今回、会談を交わしたのはスマイル党総裁・マック赤坂先生。(以下敬称略)

タイトルは盛りに盛りましたが、立ち話の中でエールを送った。

その内容について語っていこうじゃないか。

まずは小手始めに、マック赤坂政見放送を見て頂こう。

www.youtube.com

 

泡沫候補と呼ばれ続ける孤高の戦士マック赤坂

マック赤坂といえば、東京都知事選をはじめ、数々の選挙に立候補しつづける

選挙の戦士。

しかし彼はマスコミにより「泡沫候補」という印象を与えられ、まさに弾圧されているのだ。そのことを知っていた小生は

「彼の訴えたいこと」「何故、彼が立候補しつづけるのか」

そんなことを独自に考察しつづける日々にあけくれていたわけだ。

 

スマイルセラピーを推進する漢のエリートすぎる経歴

政見放送で突然「スマイル!」そんな政治とはまったく関係ない言葉を

発言する、マック氏。

ここはマクドナルドか?そんな意見も飛び交ってきただろう。

そんなマック氏の意外すぎる経歴とは...

彼は杉原千畝の卒業した高校を卒業し、

あの名門京都大学へ進学する。

就職先はあの有名な伊藤忠商事

そしてレアアースの輸入商社を設立。

 

だれもが憧れる学歴と職業。

そして起業家としての顔。

どうやらこの漢、ただ者ではないようだ。

 

米国次期大統領トランプ氏とマック赤坂

米国次期大統領・トランプとマック赤坂には類似点が多々有る。

それは一言で言えば、「泡沫候補」というレッテルだろう。

トランプはその過激な発言によって民衆のサイレントマジョリティーを団結させ、大統領の座を得た。

マック赤坂は人種差別的な発言はしないとはいえ「スマイルセラピー」を政見放送で大々的に宣伝する、その姿はあるいみ「政治」の世界に於いては過激発言なのだ。

いままで選挙で負け続けているが

トランプの勝利はマック赤坂に影響を与えたに違いない。

泡沫候補」という非常に重い十字架。

それは「泡沫候補」だからこそ

人々の心に眠る「サイレントマジョリティー」な思いを代弁する。

そう小生は考えている。

frankgm.hatenablog.com

 

KGMは「泡沫候補」を応援しています。

f:id:frankgm:20161229055431j:plain

小生は「泡沫候補」を応援し続けています。

それは政治的思想に関するものではない。

高いお金を払い、選挙に出るということは単なる「おふざけ」でないと思うからです。

「おかしな人」「勝てっこ無い人」

そんな言葉で無視するのは簡単な事です。

ただ小生が見ているのはそんなくだらん「勝ち負け」ではなく

 

社会に何を訴えたいのか。

 

ただそれだけなんです。

例えばマック赤坂ならこの冷たい日本社会に笑顔を取り戻したい。

その為に「選挙」という「祭り」にでて盛り上げ続けているのだと思います。

それは実は「日本の社会状況への挑戦状」なんじゃないでしょうか?

 

小生は冷え込む、クリスマスの日、

マック赤坂先生に、「トランプのように頑張って下さい」

そんな言葉を送りました。

この言葉が先生にとってエールになっていればいいな。そんな思いです。

 

メリークリスマス

ジングルベルジングルベル鈴が鳴る〜

今年もクリスマスというトナカイは去っていきますが...

2016年も残りわずかですね、良いお年を。